おすすめ合宿免許

2019年8月9日

合宿免許と通学免許が持っている魅力の違い

合宿免許は短期間で安く免許を取れる

運転免許を取りたいと思った人が合宿免許を選ぶ理由として多いのは、わずかな期間で免許を取得できる上に費用面でも安上がりだからというものです。合宿免許が始められた頃にはまだ費用面では合宿よりも通学の方が安いというのが一般的でした。しかし、利用者が増えてきたことで料金を引き下げることが可能になり、全般的に見ると通学よりも合宿の方が料金の水準が低くなっています。合宿免許では教官の空き時間を作らないようにタイトなスケジュールにすると人件費を最小限にできます。そのため、十分に多くの参加者を募れるとコストパフォーマンスが高くなって料金を下げられるのです。

合宿免許では無駄を最小限にして短期間で免許を取れるように時間割が決められています。取得したい免許の種類が何か、休日が設定されているか、修了検定などに順調に合格できるかといった点で卒業までにかかる日数には違いがありますが、二週間少々で取得できるケースが多いのが合宿免許のメリットです。通学に比べて半分程度しか期間がかからないのですぐにでも運転免許が欲しいという人にとって魅力が大きい方法でしょう。

通学免許は長くかかって高くても自由度が高い

通学免許は自宅から通えるときに通って教習を受けて行けば良いのが特徴で、通学で免許を取りたいと思う理由として多いのは自由度が高いからというものです。まとまった時間がほとんど取れなくても地道に教習の予約を取って受けていればいつかは免許を取れると期待できます。例えば、平日は働いていて教習を受けられない人でも土日だけ通学するという方法も選ぶことが可能です。教習と教習の間が長くなってしまっても問題になることはなく、定められている期間内に卒業できれば免許を取得できます。タイトスケジュールにはなっていないので、もし修了検定や卒業検定で失敗してしまっても費用さえ払えば落ち着いて受け直すことができるのも魅力です。

ただし、予約が取りにくいケースがあるというのはデメリットです。教習は予約制になっているのが一般的で、教習が終わったら次の教習の予約ができるようになるという形式が多くなっています。そのため、短期間で免許を取得しようとしても混み合っているとなかなか進まないのです。また、わざわざ教習所に行ったからにはその日のうちにたくさん教習を受けたいという人もいるでしょう。しかし、同じ日に未受講の学科教習がいくつも開かれているとは限らず、毎回一つしか受けられないこともあるのもデメリットと言えます。

 

免許は合宿免許ムーチョ!で取ろう