おすすめ合宿免許

2019年8月9日

合宿免許と通学免許のメリットとデメリット

合宿免許のメリットとデメリット

合宿免許のメリットは、短期間で免許を取得することができることです。通学免許の場合は、免許取得するまで2カ月前後の期間がかかることが多いですが、合宿免許の場合は最短で20日以内に免許を取得することができます。このように、短期間で免許を取得することができる理由は、1日に2回から3回講座を受講することができるからです。運転も1日2回以上行うこともでき、その結果短い期間で免許が取得できることになります。

二つ目のメリットは、料金が比較的安いことです。料金は、閑散期の場合普通自動車免許では21万円程度のお金で取得をすることが可能になります。この料金の中には、免許証を取得する費用だけでなく宿泊する料金も含まれていますのでかなりお得といえるでしょう。ちなみに、繁忙期は少し値上がりし、費用が25万円から30万円ぐらいになることが多いです。ただそれでも、宿泊費が含まれていることを考えれば安く通うことが可能です。

三つ目のメリットは、保証付きプランを利用することができる点です。この保証プランは、補習をするときに無料で行うことができる点が魅力的です。本来ならば、1回で試験に合格せずに補習をしなければならない場合、補習1回につき5000円ぐらいかかることもありますが、それらを無料にすることが可能になります。

合宿免許のデメリットは、見知らぬ土地で暮らさなければならないため孤独になりやすいことです。もちろん、現地で友達を作ることもできますので、自分次第で楽しく暮らすことも可能です。

通学免許のメリットとデメリット

通学免許のメリットは、自宅から通うことができる点です。そのため、学生の場合は合宿免許のように学校が休みの夏休みの間だけ通うのではなく、普段学校に行っている時でも教習所に通い運転免許証を取得することが可能になります。自宅から通えるため、一人暮らしでペットを飼っている人でも気軽に通えることも魅力になります。

二つ目のメリットは、缶詰め状態にならなくて済むことです。毎週2回ずつ通う場合でも2ヶ月程度で運転免許証を取得することは十分可能になります。少なくとも、毎日何時間も教習所の中で過ごす必要はなくプライベートが確保できるでしょう。

一方でデメリットは、短期間で普通自動車の免許証を取得したい場合でも2カ月ぐらいはかかることです。1日にいくつも講座の受講や路上教習をすることはできないため、早く免許証を取得したい人にとってはストレスに感じるかもしれません。

免許は合宿免許ムーチョ!で取ろう